医療法人社団五色会

医療法人社団五色会
〒762-0023 香川県坂出市加茂町963番地
TEL/0877-48-2700 FAX/0877-48-2886

トップページへ お問合せ
院長挨拶
施設案内
外来案内
Dr.紹介
卒後臨床研修
後期研修
作業療法
アルコール依存治療
J’sセラピーガーデン
精神科デイ・ナイト・ケア
アクセスマップ
お問い合わせ
MediGate
TOPこころの医療センター五色台>Dr.紹介
こころの医療センター五色台
Dr.紹介

精神科
和田主席副院長
和田主席副院長
 出身は愛媛県、徳島で学生・精神科新人研修を送り、精神科医として初めて高知で診療に従事、香川にやって来てはや20年になります。気持ちは30代、が、しかし視力は低下、軽快なフットワークは低下し気分的にも初老期うつの症状がよく理解・実感できる年代になってしまいました。
さて、当院では一貫して男子閉鎖病棟を担当しております。多忙な毎日の中、私個人としては今まで外来・病棟診療に加え様々な雑務に追われ十分満足の出来る毎日ではありませんでしたが、現在精神科医師も充実し、以前に比べ、余裕のある診療が出来るようになりました。今後は精神科医療の理想である外来通院を中心とした診療形態が望める環境になりました。精神科本来のゆったりとした時間を持って外来診療を充実していきたいと考えております。



繁昌和副院長
繁副院長
 1983年に徳島大学を卒業し、平成元年からこころの医療センター五色台に勤務しています。病院では主に器質性精神障害(脳血管障害・アルツハイマー病など)や老年期精神病などの老年期精神疾患の方を担当しています。多くの方は身体疾患を合併しておられ、またそれが原因となっていることがあります。そのために精神的、身体的両面の治療が必要です。
地域においては、介護認定審査会委員、介護老人保険施設での認知症相談などもしています。
高齢化社会を迎えた現在、認知症高齢者の意思能力の判断や成年後見人制度など精神科医の役割は増えています。これからも精神科医療に貢献できるよう頑張りたいと思います。



前田正人副院長
前田副院長
 私は隣町である国分寺町で生まれ育ちました。1978年に徳島大学を卒業し、その後大学と県立丸亀病院を2、3年ごとに10年間行き来し、学位取得の後高松市民病院に就職して22年間過ごしました。そして今回縁あって、2010年4月からこころの医療センター五色台に勤務しています。
私は患者様と話をさせていただくのが好きで、いろんな人の悩みや苦しみにいかに共感するかということに心を砕いてきたように思います。精神科医療は人間対人間の心と心の関係であり、人間にとって大切な領域にたずさわれることを幸せに思っています。
当院ではデイナイトケアを中心に仕事をしています。
デイナイトケアとは病院は退院できるけれども社会復帰はまだ困難という人に一日リハビリできる環境を病院の中に作って、グループホームや自宅から通ってきてもらうものです。今までの精神科医としての経験を生かして、少しでも患者様のためになることができるようにと念じています。



伊達健司先生
伊達診療部長
 こころの医療センター五色台の伊達と申します。出身は広島県ですが、約13年前に香川に来てから気候の温暖さとうどんの美味しさで離れられなくなり、現在に至ります。
専門領域は児童思春期精神医学で、県内の中学生や小学校でスクールカウンセラーも勤めさせていただいております。
気軽に相談に来ていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。



伊藤典子先生
伊藤先生
 2005年に香川大学を卒業し、2006年より当院で勤務しています。主に急性期病棟・思春期青年期外来を担当させていただいています。今後も勉強を重ねて、さまざまな心の悩みにより良いサポートをしていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。



伊達健司先生
中嶋先生
出身は香川県ですが、大学は愛知県の藤田保健衛生大学に進学しました。2005年に卒業し、東海地方で働いておりましたが、縁があり、香川県に戻ることとなり、2016年より精神科としてこころの医療センター五色台で働かせていただくこととなりました。
こころの医療センター五色台は、院長先生をはじめ、とても温厚な先生が多く、温かく御指導いただきながら、患者様のお役に立てるよう努めてまいります。
よろしくお願いいたします。



伊達健司先生
大澤先生
はじめまして大澤礼清と申します。
私は関西出身ですが初期研修医の頃に当院の充実した施設を見学する機会に恵まれ、2016年から当院で働かせていただいております。
当科を受診される患者様は実に様々であり、一人ひとりに合わせたオーダーメイドな治療が必要と言えると思います。
患者様や家族様のご意見を丁寧に伺いながら、皆様の悩みが少しでも軽くなるような医療を提供できればと考えております。
日々の研鑽を怠らず、診療に当たらせていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。



浮田先生
こんにちは。精神科の浮田と申します。
出身は愛媛県ですが、縁があって当院にお世話になっております。
今ではオリーブにはまり小豆島に渡ったり、海沿いでキャンプやドライブを楽しむなど香川を満喫しております。
医療については当院は精神科一般はもちろん、院長の方針のもと認知症やアルコール依存症などにも勢力的に取り組んでおります。また、スーパー救急病棟を開設したこともあり、より多くの患者さんに他職種が連携し迅速にそれぞれの患者さんに合った適切な治療が行えるよう日々邁進しております。
今後も当院で治療してよかったと思えるような医療を提供できるよう心がけてまいりたいと思います。



安田先生
安田先生
医師の安田裕志と申します。
新潟大学を卒業後、縁あって香川県へ来る事になり、初期研修を回生病院にて終了しました。
平成30年より、こころの医療センター五色台へ入職することになりました。
まだまだ経験も浅いですが、患者様やそのご家族の方の心に寄り添う治療でお役に立てるよう、日々研鑽を積んでいくのでよろしくお願いいたします。



橋田先生
この度ご縁があって香川県、こころの医療センター五色台に入職させていただくことになりました。
こころの医療センター五色台には、院長先生をはじめ経験豊富で優しい先生方や、優秀なコメディカルの方がたくさんいらっしゃり、暖かくご指導くださいます。より良い医療を提供できるよう努めてまいりまのでよろしくお願いします。




内科
井上愼三名誉院長
井上名誉院長
 1968年に徳島大学大学院医学研究博士課程を修了し、徳島大学医学部助手・講師として勤務、1972年国立善通寺病院眼科医長、1991年国立療養所大島青松園園長に就任。約20年間の善通寺病院時代は主に白内障の手術と眼感染症治療剤の開発に係わった。現在、細菌性眼疾患に使用されている抗菌剤の多くの点眼薬開発に係わった。1965年から1975年時代の香川県における白内障の手術は、ほとんどされてないか視力が0.01以下になって始めて手術を行うといった旧式の手術方法でされていた。最新手術方法で手術をしているとの評判がたち、多くの患者が善通寺病院に集まり、週15例ほど手術をしても1ヶ月から2ヶ月待ちと多くの手術希望者がいた。1980年頃から眼内レンズ挿入手術を開始し、1991年にはその手術方式が確立でき、それを後輩に譲り、国立療養所大島青松園に転勤した。大島青松園時代は長年にわたる園内ゴミ処理でマスコミにたたかれ、最後の2年間は・・・・訴訟ではハンセン病療養所所長協議会会長として90年前からの不法行為に対してのお詫びに明け暮れた。このことと入院患者との対応で少々のことには動じないようになった。
2003年4月大島青松園退職後、こころの医療センター五色台眼科に勤務している。診察患者様が少ないことで診断・治療に十分な時間を取ることが出来ている。



高尾先生
 1966年に岡山大学を卒業し、2013年4月からこころの医療センター五色台に勤務しております。
 私は、坂出市で生まれ育ち、坂出の駅前で父の後を継いで有床診療所を開業、35年間町医者として頑張って来ました。診療科目は外科、整形外科、皮膚科、泌尿器科でした。精神科に関してはまったくの素人ですが、諸先生方・職員の皆様方の御指導を頂きながら、身体的疾患を中心に患者様の一刻も早い回復に、少しでもお役に立てればと思っております。よろしくお願いいたします。




Copyrights (c)2006 Medical co.Goshikika All Rights Reserved.