作業療法新聞 VOL.2

  • 五色会その他
  • 投稿日:2018年01月31日

皆様、こんにちわ。

 

連載2回目となりました。

 

今回は2017年12月20日に行われたクリスマス演芸会の紹介をさせて頂きます。

クリスマス演芸会ではボランティアの方々や各部署が患者様を交えて趣向を凝らした演目を披露し、たくさんの方が参加されました。患者様にとって演目への参加は慣れ親しんだ事とは異なる新しい場面やペースに適応する事が求められる為、挑戦の意味合いが含まれます。

安心できる活動と挑戦の意味合いを含んだ参加のバランスが人を成長させ、健康を保ちます。

 

季節感を感じて頂く事や楽しむ体験をすることも大切で、クリスマス演芸会は様々な要素を含みながらリハビリテーションの一環として提供されています。

 

2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829